カテゴリー: 婚活

縁結び 東京大神宮について

失恋し前に進めなかった私を友達が慰めてくれると言う事で、私を東京に連れて行ってくれました。

http://www.ejgold.org/

そんな時に、テレビなどで話題になっていたのが恋愛の神様を祀っている「東京大神宮」でした。

友達は、「次の恋愛の為に東京大神宮へ行こうよ」って言ってくれて、東京大神宮に行きました。

着いた瞬間から空気が重くなり、「これは、ご利益ありそう」と小さな声でつぶやいてしまいました。

しっかりお参りして、おみくじも引いてきました。

帰りに友達が「やばかったよね。空気が重く感じてご利益ありそうと思ったよ」と話して「私も同じ事思った」と帰りの話は盛り上がったことを思い出します。

その後も、友達と訪れたり、1人東京で用事がある時は用事の合間を縫って参拝したり、おみくじを引いたりしていました。

いつも、花の香りがするおみくじを引いていたのですが、いつもと同じ百合の花の香りがするおみくじを引きました。

そんな事をしていたら彼氏が出来ました。

でも、色々忙しくお礼の参拝をしていなかったので、付き合ってから2ヶ月で別れてしまいました。

神社で大事なのは、お参りしてその夢が叶った後の行動が大事だそうです。

叶ったらお礼のお参りをしておくと良いようです。

東京大神宮は凄いと思いました。

 

好きな女性と江の島日帰り旅行!!

年末に好意を持ている女性と江の島へ日帰り旅行することになり私は舞い上がっていました。

子持ちでも再婚したい…!子連れのシンママ向けの婚活サービスを紹介!

もちろんデートが楽しみということもありましたが、彼女と会うのが3回目、しかも江の島…。

そう、告白するしかない!!!

さらに冬の期間はイルミネーションをやっています。もう最高のシチュエーションです!!

私は高鳴る鼓動を抑え江の島日帰り旅行に臨みました…。

江の島には車で行くので前日にピカピカに洗車した車を走らせ彼女の家まで迎えに行きいざ出発!

江の島は車で行くと4時間はかかると聞きましたがそれは夏の期間で、約1時間30分で到着しました。

冬はあまり混雑していないので人混みが苦手な人はおすすめです!

江の島に到着した私たちは初めに名物である釜揚げしらす丼を食べに行きました。

この時点で彼女のテンションは高かったのでこれはもらったと確信しました。

釜揚げしらす丼をたいらげいざ江の島観光スタート!

食べ歩き・神社巡り・青の洞窟と観光を順調に楽しんでいき、ついにイルミネーションの時間…。

17時に島中のイルミネーションが一斉に点灯します。もうそれは非常に綺麗で時間を忘れてしまいます。

そして本命の展望台へ歩を進めていきますが、そこで彼女から「会うのはまだ3回目だもんね~」と衝撃の発言。

これはまだ告白すべきではないのか…私はどうするべきか…。

そう考えてるうちに展望デッキに着いてしまいました。

展望デッキから島全体のイルミネーションが一望でき彼女はテンションマックス。

しかし私は景色を楽しむ余裕などない…。

展望デッキを歩いてると二人きりになり告白のチャンス到来!

男を見せろ!!と自分の中で言い聞かせましたが、結局告白できず…。

やはり彼女の「会ってまだ3回目」の発言が気なってしまった。

その後島を下り夜ご飯を食べ帰路へつきました。

まぁその1週間後に彼女に会い告白し付き合うことができました(笑)

あとで彼女から聞いた話ですが展望台で告白を待っていたこと、「会ってまだ3回目」の発言は特に深い意味はなかったとのこと。

めちゃくちゃ後悔しました(笑)

今はお互いの笑い話になり江の島の話になるたびにいじられています(笑)

大人になった今だから感じたトキメキ

私が今、結婚を前提にお付き合いしている彼との出会いをお話します。

http://noveinicijative.org/

年齢が20代後半に差し掛かり、フリーの期間が長かった頃。

「ただ女性と遊びたいだけ」な男性からの誘いばかりが増えていた時期がありました。

そんな毎日にうんざりしていた時、知人の紹介で彼と出会いました。

彼は私と出会った翌日にすぐこんなLINEを送ってきました。

「俺、あなたにとても興味があります。だから、来週2人で食事に行きませんか?」

興味がある、というストレートな言葉に胸を打たれました。

すぐに空いている日を伝え、会う日を決めました。

当日はとてもドキドキしました。

ドキドキしすぎて、待ち合わせの時間よりもかなり早く到着してしまいました。

大人になって、食事に行く待ち合わせで、彼が来るまでの間にあんなにドキドキしたのは初めてでした。

彼が待ち合わせ場所に到着して、二人でお店の中へ。

席について彼はすぐに自ら話し始めました。

「今回誘った理由なんですけど……俺は結婚したいと感じた女性しか自分から誘いません!」

衝撃でした。「タイプなんだよね」でも、「可愛いよね」でもなく、「結婚したいと感じました」と会うのが2回目のタイミングで言われるとは思いませんでした。

その後彼は何度か私をデートに誘い、少しずつ関係を縮めていこうとしてくれました。

映画に行ったり、景色が綺麗な展望台へ行ったり。

「今日の夜、帰ったら電話してもいい?」

「今日は、手を繋いでもいい?」

1つ1つ確認しながら、少しずつ恋人になろうとしてくれる彼に私は今までにないトキメキを感じました。

何度目かのデートで彼は正式に「付き合ってください」と告白をしてくれました。

その時から2年ほど経ちますが、今でも彼はたくさんのトキメキを私にくれます。

本当に出会えてよかったな、と思う毎日です。

恋愛に別れが付き物なのはどうして?

円満な男女の交際の果てにあるもの、それは結婚です。シングルマザーの婚活ナビ | シンママ向けの出会いの場で結婚しよう!

しかし現在において恋愛結婚は「離婚しやすい」と言われており、逆に「お見合い結婚は長続きする」と言われています。この事情の背景には恋愛で結ばれた2人は当時の熱烈な気持ちが冷めてしまい、別れたくなるメカニズムがあるからです。一方でお見合い結婚は人生のパートナーとしての付き合いを前提にして付き合っています。すなわち恋愛結婚とは考え方が違うわけです。

けれども実際のところ恋愛には別れが付き物です。

どうしてお互いに求めあっていたはずなのに別れたくなるのか、その心理にはまず2種類の原因があります。1つは距離が遠い事、もう1つは魅力がなくなった事です。前者はいわゆる遠距離恋愛にありがちで、仕事や生活を優先していくうちに相手の存在を気にかける事がなくなり、自然消滅していきます。これを防ぐためには再会する際は相手への気配りがポイントです。

反対に魅力がなくなってしまう原因は様々ありますが、一般的には交際したからこそ分かった相容れない恋人の癖や考え方、関係に慣れてしまったゆえの倦怠期が挙げられます。これらが引き起こすトラブルをリセットするために距離を置く対応が多々ありますが、この場合でも距離を置きすぎて自然消滅しがちです。

つまるところ恋愛に別れが付き物な理由は離れても問題ないからに尽きます。

寂しい事実ですが、だからこそ恋愛をする価値があり、また自分を磨くエッセンスにもなっているのです。

私がはじめてお付き合いした人との恋愛について書きます。

私ははじめてお付き合いした人とは誕生日が近いという理由でお付き合いしました。結局のところあまり心配はなかったのですがそれでもいろいろと何をやっている人なのかというのがわからなかったのでいろいろと考えてしまいました。なかなか思うように行かないことが多かったですから正直大変なことも多かったように思います。

医者との出会いが見つかる婚活サービス!

お付き合いしたあとは毎週のようにドライブにいったりと、相手が車が好きだったのでよく遊びにいっていました。ただその都度車を出してもらっていて、向こうは親の車だったのですごいなと思いました。家も家でしっかりとした家で、新しく良い家でしたので良いなと思いました。

なかなか最近は私の中でも恋愛をしていたときのことをよく思い出すのですが、やっぱり懐かしいなと思いながら観覧車に乗ったときのことやメリーゴーランドに乗ったときのこと、それからいろいろなところにお出掛けをしたことを思い出しました。

結局のところその恋愛は八ヶ月くらいで終わってしまいましたがとてもいい感じの恋愛でした。それに人生のなかで会える人なんて一握りの中での恋愛でしたのでとても素敵な出会いだったなと思います。相手は年上でしたがやっぱり誕生日が近いというだけあってとても良かったです。