筋トレの一年

3月 29, 2020 筋トレ

学生時代から運動部に所属したことなく、スポーツジムも何故お金をかけてまで運動しなければいけないのだと思っていたくらい体のことに全く興味がありませんでした。しかし、昨年仕事を辞めて家にいるようになると、ついつい間食が多くなり、ダイエットをしたいと思い、しぶしぶ筋トレを始めました。

鍛神(きたしん)の悪い口コミや悪評

まず、犬の散歩の時、両足首にマジックテープで巻き付けるタイプのダンベルを巻いて歩きました。しかし、しばらくすると膝が痛くなってきたのでやめました。次に両手首に巻いて歩きましたが犬が走ったり引っ張ったりすると腕に大変負担がかかり、しばらくして辞めました。

縄跳びもしましたが一日で終わりました。ただ跳ぶだけなのでつまらないのです。ドンキホーテで両腿の内側を鍛えるバタフライなんとかという器具を1000円くらいで買いましたが、いつしか器具は棚の上に置かれたままになりました。

そんな時、たまたまタップダンス教室に入ることになりました。入った理由は教室が家から近かったからです。タップダンスは足を使うので運動になりますし、何よりダンスの最中によろけたりしないように体幹が重要なのです。それからは日常生活でも体幹を意識し、電車内でも片足で立ったり、家の中でもつま先立ちしたりして体幹を鍛えました。

結果、まだ腹はぶよぶよですが最近筋肉が育ってきたのを感じます。私のような怠け者が筋トレをするには、やはりトレーニングをは別の楽しみが必要なようです。

投稿者: rau